ブログ

連鶴と千羽鶴

いきなり結論から言いますと、現代では連鶴と呼ばれている折り紙作品は、昔は千羽鶴と呼ばれていたらしい、というお話しです...

漢字と平仮名

先日、序(はしがき)のページを追加しました...

SEO対応

こんにちは。昨日SEO対応してみたので、今までにそれとなくやっていたことも含めて本ホームページのSEO対応について、まとめてみました...

折り鶴の絵が描かれた最古の本

折り鶴の絵が描かれている最古の文献(今見つかっている文献の中で)は、元禄13年(1700年)に発行された「當流七寶常盤ひいなかた」という本の中にある「百二十一番 落ち葉に折鶴」のようです...

折り鶴の記録が残っている最古の本

折り紙の記録が残っている最古の文献(今見つかっている文献の中で)は、天和2年(1682年)に発行された井原西鶴の「好色一代男」のようです...

YouTubeに動画を追加しました

お久しぶりです。YaMaNeXです。約2年ぶりくらいにYouTubeの紙との会話チャンネルに動画を追加しました...

誰が鶺鴒と名付けたのか?

ご無沙汰しております。m(_ _)m 「連鶴資料集 -魯縞庵義道と桑名の千羽鶴-」を久しぶりに読みました。素雲鶴に載っている「鶺鴒」と同じ図の題名が面白い!!!と思ったので記事にしました...

レディブティックの連鶴の本にある作家様のまとめ

今回も、完全に個人的なメモみたいな記事です。自分が人生で初めて手にした連鶴の本はレディブティックによる「折り鶴 - 美しい伝統芸術・鶴の折り紙・千羽鶴折形」なんですが、この本の写真にある連鶴がどれも完成度が高いんですね。作家様は誰なんだろうって少し気になってはいたのですが、改めて本をよく読んだら制作者名も載っていたので、まとめました。(敬称略)...

秘伝千羽鶴折形にある狂歌の元歌まとめ

完全に個人的なメモな記事です。秘伝千羽鶴折形には49種類の連鶴に狂歌(五七五七七)が添えられているんですが、他の和歌や俳句をもじった歌もいくつかあるんですね...

春情姿のうつし絵

先日、「春情姿のうつし絵」という春画を入手しまして、けっこう馬鹿らしくも面白く思ったので紹介します。(^^)春画なので、未成年は黒い画像はクリックしないでね...

最新の記事

最新のコメント

タグ

過去記事

トップへ戻る